トップページ > CPU

CPU

CPU

ゲーム用PCにはサクサク処理をこなすCore系のCPUが最適!

CPUはメモリとグラフィックボードとのバランスが重要なので、CPUだけが高性能でもゲーム用PCの性能が飛躍的に高くなる事はありません。

しかし、CPUの性能が不足しているとグラフィックボードの性能が発揮出来なくなってしまいます。

Windows Vista、Windows7に対応している近年のオンラインゲームは、Core系のCPUが高い性能を発揮することができます。

その理由は2つあり、1つはターボブースト機能がついているので、アプリケーションの起動のスピードが非常に早い点です。

もう1つの理由は、複数のソフトウェアを同時に起動しても動作が安定している点があげられます。

メーカー製PCの場合は、新しいCPUへの交換は不可!

CPUの交換は同じ形状(ソケット)で周辺機器を制御するプログラム群である「BIOS」が対応していれば可能ですが、メーカー製PCの場合は、新しいCPUへの交換はほぼ不可能です。

メーカー製PCのBIOSのアップデートは、不具合を修正する時しか公開されません。

PentiumのCPUを搭載したPCをまだ使っている場合は、今後の新作3Dゲームが快適に動作する可能性は低いので、素直にCore系のCPUが搭載されたゲーム用PCへと買い替える事をオススメします。

CPUスペック表

薄赤
=中スペック
黄色
=ハイスペック
薄緑
=超ハイスペック

Intel社の開発したCPU
ライバルのAMD社と比べて、価格も性能もIntel社の方が高い傾向にあります。CeleronD、XEON、Pentium等のCPUがありますが、特にIntel Core系のCPUは、ハイスペックな3Dゲームに最も最適なCPUであると言えます。

Core i7-860 2.80GHz
Core i7-870 2.93GHz
Core i7-950 3.06GHz
Core i7-960  3.20GHz
Core i7-965 Extreme Edition 3.20GHz
Core i7-980X Extreme Edition  3.33GHz

AMD社の開発したCPU
インテルのCore 2 Duo登場以来、影が薄くなり、「Core i7」シリーズの登場で更にその傾向は強くなりましたが、AMD PhenomⅡ X4 955や965のコストパフォーマンスは良く ゲーム用途なら「Core i7」シリーズと同等の性能です。しかし、CGや動画のエンコードは「Core i7」シリーズに軍配が上がります。

Phenom II X4 965 3.4GHz
Phenom II X6 1055T 2.8GHz
Phenom II X6 1090T 3.2GHz

人気コンテンツランキング!